未分類

北方領土返還要求街頭遊説を行いました。

 2月7日は1855年に日本とロシアが択捉島(えとろふとう)とウルップ島の間に国境を定めた「日魯通好条約」が調印された日として、「北方領土の日」に定められています。
 この日を中心に全国的な集会、研修会等が行われていますが、自由民主党鳥取県支部連合会青年部・青年局では、最低気温がマイナスを記録するなか、境港市、米子市、倉吉市、鳥取市を中心に街頭遊説を行いました。
 今後とも、国民の皆様のご理解とご支持のもと、一日も早い北方領土の返還に向け全力を尽くします。